親の依存度で復縁ができるかがわかる?親離れが元カノとヨリを戻すカギになる!

冷却期間の過ごし方

実は親の依存度であなたが元カノと復縁できる可能性が判断できます。

 

突然ですが、あなたは親にどれくらい依存していますか?

 

人によっては全然依存していないし、独立しているという人もいるでしょう。

反対に、実家暮らしで毎月お小遣いをもらっている、ずっとめんどうをみて貰っているという人もいるでしょう。

この記事では、なぜ親の依存度で復縁のしやすさやがわかるや、実際に復縁の可能性が低い人はどのようにすればいいのかを紹介します。

 

復縁の可能性を上げていきたい人は参考にしてください。

あなたが親に対する依存度でなぜ復縁ができるかがわかるのか?

実は親にどれくらい依存しているかを判断することで、あなたの自己肯定感がどれくらい高いかがわかります。

というのも、親に依存しているということは、自分の意見にも自信が持てず、自分がしたい行動ができず、自己否定に陥り、自己肯定感が低い可能性が高いからです。

自己肯定感が低いと、元カノにも正しいアプローチやその場の対応力がなかったり、そもそも魅力的に見えない人も珍しくありません。

 

反対に、自己肯定感が高い人は親とも仲の良い可能性がとても高いです。

自己肯定感が高いと自然と親の意見も上手く受け入れたりするので、喧嘩しても自然と解消されることも珍しくありません。

特に親のレールに沿って育った人は注意しよう

特に親のレールに沿って成長してきたり、ストレスが溜まりながらも強引に塾や習い事をさせられた人は注意です。

特に自己肯定感が低い人は、自分が弱いのに自分を高く見せたりしようと、そもそも自覚していない人も少なくありません。

 

なので、親離れできていない人は、まず自分が自己肯定感が低くないかを、見つめ直す必要があります。

自分を高く見せている行動していないかや、誰かになろうとしていないか注意してください。

こういった人はまず自分の、自己肯定感を上げることを冷却期間中の目標にすると良いでしょう。

ちなみにですが、元カノが親にどれくらい依存しているかでも復縁の難易度がわかります

また、ちなみにですが元カノがどれくらい親に依存しているかによっても、復縁の難易度を判断することが可能です。

自己肯定感が低い女性はそれだけ、誰かに依存しやすく押しに弱いです。

 

なので、あなたの自己肯定感の高さによって、

「まだ好きだ」

という気持ちを強めに伝えるだけで復縁のしやすさが決まります。

 

反対に親からも自立しており、自己肯定感が高い女性であれば、あなたに気がないほどあなたのアプローチになびきにくくなります。

よって、復縁をするのは難しいと言って良いでしょう。

 

ぜひ、あなたが復縁をしたいのであれば、事前に元カノがどれくらいの自己肯定感を判断しておくと良いですよ。

親に依存しすぎな方は少し親に反発しよう

「自分が親に依存しすぎかな?」と思う人は、まずは少しでも良いので距離を取ってみるのが良いです。

例えば、実家暮らしであれば、少し自炊する期間を増やしてみるのも良いです。

とにかく、少し親の言うことを聞かないようにしてください。

 

すると、少しでも自分の自己肯定感が上がるきっかけになるかもしれません。

もちろん、親に反発する以外にもしっかりと自分を磨くことが重要です。

反発して、あなたの自己肯定感が高くならなければ意味がないです。

 

自己肯定感については下記の記事でも解説しているので、自分の中身から元カノとのよりを戻したいと思っている方は参考にしてください。