冷却期間が一週間で良い場合の絶対条件2選!元カノとの具体的な復縁の流れも紹介

冷却期間の過ごし方
  • 早く復縁したいから冷却期間は短い方がで良い?
  • どういった場合、冷却期間が一週間良いのか?

などのように、冷却期間を短期間に設定するべきか迷っている方も多いでしょう。

実は、冷却期間が短くしたほうが、元カノとの復縁をしやすい場合があります。

 

さらに言えば、

一週間と冷却する前に復縁しちゃった方が良いんじゃない?

という場合もあります。

 

この記事では、そんな冷却期間が一週間という短期間で良い場合や、具体的な冷却期間の過ごし方について解説していきます。

短期間で元カノとヨリを戻せるんではないかと迷っている方は参考にしてください。

元カノとの冷却期間が一週間で良いパターンは2つしかない

冷却期間が一週間で良い場合は基本的に、下記の2つしかありません。

  • 喧嘩別れした場合
  • あなたが振って別れた場合

この2点はいわゆる、あなたに対してまだ、彼女側に未練がある場合です。

そして、この2つの別れ方をしたとしても、決して冷却期間が一週間で良いというわけではありません。

安易に喧嘩別れだけで冷却期間を一週間と判断するのは危険

例えば、喧嘩別れをした時にも、付き合っていた期間で初めての喧嘩であれば、比較的に話し合いで復縁などもできる可能性が高いです。

しかし、ずっと前から喧嘩の原因を指摘されていたり、何度も同じような理由で喧嘩をして別れたりした場合は一週間の対象には当てはまりません。

というのも、完全にあなたに対して冷めてしまった場合などがあるからです。

 

冷めてしまえば、当然ですが一週間でその熱を取り戻すことはできません。

むしろ、どんなに謝っても彼女側からすれば

「どうせ口だけで直らない」

と、あなたの謝罪なども一蹴されてしまいます。

 

このような場合に関しては、もう少し自分と向き合い、冷却期間を長めにとる必要が出てきます。

あなたが振った別れでも冷却期間が一週間に当てはまらないこともある

当然ですが、あなたが振った別れでも冷却期間が一週間に当てはまらない場合があります。

というのも、女性によっては一週間もすれば、完全に吹っ切れている場合もあるからです。

特に女性の恋愛観として、よく「女は上書き」みたいなことが言われますが、それは事実。

 

一週間もあれば女性によっては「なぜ、こんな人が好きだったんだろう?」とあなたに対してさらにネガティブなイメージを持つことも珍しくありません。

特に、自己肯定感が高い女性で合ったり、前向きな女性に関しては「前へ進む」ことにフォーカスが行くのでそうなりやすいです。

 

こういった場合は、しっかりと自分の言葉に責任を持ち、一旦復縁を諦めるくらいの気持ちで長めの冷却期間が必要になります。

むしろ冷却期間で一週間も待たない方が良い場合もあります

また、そもそもですが喧嘩別れやあなたが振った別れでは1週間も待たなくていいことの方が多いです。

というのも、1週間と何となく時間を置いてしまうと、変に女性側に冷めさせる時間ができてしまいます。

別れて時間をおいてしまい、LINEをブロックされ連絡が取れなくなることも珍しくありません。

 

特に喧嘩別れでしたら、すぐに電話や、直接会ったりして話し合った方が良いです。

もちろん、人によってはその時に彼女側からガンガン詰められることもあります。

しかし、その事実を認め、今後改善していくという気持ちを見せれば関係を戻せる場合が多いです。

 

あなたから振った場合ですも、多少なりとも彼女側に優柔不断な印象を持たれてしまいます。

しかし、そういったマイナスな印象も、今後の付き合いでしっかりと自分の態度を見せていけば挽回できます。

むしろ、変に別れてから強気になってしまって、期間が開けばそれだけ復縁の難易度が難しくなり、公開する可能性が高くなると言って良いでしょう。

復縁に繋がる冷却期間が一週間の過ごし方とは?

しかし、人によってはすでに数日たってしまった。

どうしても、すぐに彼女にアプローチする勇気がわかないという方も多いでしょう。

そんな時は徹底して下記を意識して一週間を過ごしてください。

  • 気持ちを落ち着かせることに意識を向ける
  • 別れた原因を見つめ直す
  • 今後の改善点を見直す

それぞれ解説するので参考にしてみてください。

気持ちを落ち着かせることに意識を向ける

まずは気持ちを落ち着かせることが大切です。

特に喧嘩別れだった場合などは、まずはその怒りを落ち着かせてください。

 

何事も冷静に自分と向き合うことをしないと、正しいアクションを取ることはできません。

まずは1歩自分自身を引いた目で自分を見つめ直してください。

別れた原因を見つめ直す

そして、気持ちがある程度落ち着いたのであれば。、次は別れてしまった原因を徹底分析です。

例えば、

  • なぜ喧嘩して別れるところまで進んで閉まったのか?
  • なぜ一時の感情で別れを切り出してしまったのか?
  • 元カノがあなたのことを嫌いな部分は?
  • 今回の別れの根本的な原因は?

などなど、とにかく考えてください。

どうしても、思いつかない場合は、箇条書きで別れた原因をとにかく紙やスマホのメモ機能にでも書いてみてください。

視覚的な情報にすることによって、思考にも整理がつき、自然と自分の悪かった部分などが分かってきます。

今後の改善点を見直す

そして、別れた原因などを分析した後は、そこに対する改善点を見つけていきましょう。

例えば、今後は注意されたことを治して良くなり、もっと話し合うようにするなどでも良いです。

 

ここで、できれば彼女があなたに対する不満点なども、解消できるのがベスト。

特に、ここでの改善点などは、いざ復縁を申し込む時に、どれだけ彼女があなたのことを許してくれるかに繋がってきます。

正直、この短期間での復縁では、長期的な復縁戦略以上にどれだけ、自分を見つめ直し、彼女と話し合えるかが重要です。

 

なので、しっかりと自分を見つめ直し、別れた原因を見つめ、改善点を考えていきましょう。

もしも冷却期間で一週間でも復縁を断られたら

そして、せっかく話し合ったにかかわらず、復縁が上手くいかない時の対処法を紹介します。

対処法と言ってもすることは簡単です。

それは冷却期間をしっかりと置き、自分磨きをするだけです。

 

具体的にどれだけの冷却期間を取るのかは一概にこれとは言えません。

というのも、別れる原因で合ったり、彼女の性格やその時の状況にもよるからです。

 

ただ、復縁を断られたのであれば、まず自分を別れた時とは別人と言えるレベルまでしっかりと自分を磨きましょう。

そうすれば、再び元カノにアプローチする際にも小手先のテクニックいらずで、元カノから

「別れなかったら良かったかな…」

などと思ってくれるようになります。

 

もし、断られたのであれば、ぜひ長期的な目線を持って自分を磨くようにしてください。

冷却期間を一週間と決める前に正しい対処をしよう

まずは冷却期間で一週間と決める前に、すぐに自分に行動できることはないかと思い返してください。

もちろん、すぐに元カノと話し合うとしても、自分を落ち着かせたり、改善を考えることは重要です。

とはいえ、一週間の冷却期間を取るのであれば、冷却される前にアプローチした方が復縁はしやすいです。

 

そして、もしその時に復縁ができなければ、潔く長期的な復縁戦略に切り替えてください。

しっかりと自分を磨いていけば、再びあなたに対して魅力を感じて貰えます。

むしろ、変に焦ってしまうとさらに復縁が難しくなるので。

 

もし焦っている方は、こちらの記事を参考にするのがおすすめです。