小手先のテクニックで復縁しようとするのがナンセンスな理由

復縁戦略コラム

小手先の復縁テクニックで元カノに与える違和感

ここでの小手先のテクニックとはいわばLINEを返すタイミングであったり、話し方など色々なことを含めて総合的なことを指します。

正直、この小手先の部分を気にしていると復縁できる可能性というのは低いです。

そもそも振られたということは少なからず、あなたの人間性が好きではなくなったということです。

 

出ないと元彼に振られたりしません。

そんな振られた状態で小手先をされても相手は違和感しか感じないのです。

使い手が優秀じゃないと振り回されることに

小手先のテクニックも使い手次第です。

実際、私も小手先テクニックを追い求めて恋愛の情報商材を買い漁っていた時は、すぐに使えそうなテクニックで元カノの気を引こうとしていました。

ただ、結果は痛い目で見られ、挙句の果手には元カノ以外の友達にも変な人と認定。

 

確かにモテる男性のテクニックを利用しているのに、ひたすら悪評が立っていく悪循環が起きていました。

だからこそ、次はまた他のテクニックと他の恋愛商材を買いあさりまくりました。

たまたま復縁できても長続きしない

あなたが「もう一度、元カノと寝たい」と思う動機だけで復縁を頑張っているのであれば、小手先でも十分です。

実際、小手先の女性を口説くテクニックを利用すれば、復縁することは可能です。

私自身も、ありとあらゆる小手先を彼女と復縁できた過去があるので、そこは否定できません。

 

ただ、小手先で復縁できた時はかなり小手先のテクニックスキルが高いと思います。

この当時の私は大学生でありながら、20~50万円する投資ツールを販売したりしました。

しかも、購入したいと考えている人には借金をさせる豪の技も利用したり。

 

毎日、副業したいという人に3人×2時間は営業して培った小手先テクニックを手に入れました。

この、ある意味グレー機関のおかげで小手先テクニックは、かなりの高水準でした。

なので、女性一人と復縁できなくては佐々木の何にすたるという気持ちで、ありとあらゆる方法を使って復縁しました。

しかし、長くは続かない

復縁できたものの、私自身の内面は全然成長していません。

なので、いくら仲良く復縁しようと1週間目くらいから些細な喧嘩が起こり始めます。

 

まあ、案の定に付き合って最短記録での破局を経験しました(笑)

なんか、小中学生の付き合って2日で別れるカップルかよと一人で思って情けなく感じたのを覚えています。

真剣に復縁をしたいなら誰しも小手先を求める

ここまで、いかに私が小手先のテクニックを利用してしくじった話をしてきました。

正直、この話をしても「俺はまだ小手先テクニックで復縁が可能ではないか?」と思う人も多いでしょう。

人というのはそれだけ自分の都合良い情報だけを集めようとする生き物なので仕方ありません。

 

加えて失恋の喪失感もあるのですからなおさら短期的に試せる、結果が出そうな小手先テクニックを追い求めるでしょう。

 

私も恋愛の情報商材を買いあさってきたときは都合の良いテクニックだけを読んで、失敗に終わるの繰り返しです。

今思えば、もう少し1つの商材を徹底的に極めていればと今が変わっていたかもと後悔してます。

話は脱線しましたが、伝えたいことは「復縁したい焦る気持ちを押し殺して、正しい復縁手順を踏んでください」ということです。

もし、復縁した後に付き合いを苦労なく、楽しみながら長続きさせたい人は小手先よりも本質を追い求めることが重要です。