【7step体験談】LINEブロックから元カノと復縁成功!使った戦略を紹介します

ここでは元カノからブロックをされたのにかかわらず、復縁を成功させたコウキさんのインタビューを紹介します。

復縁を男性にとっては、具体的にどのようない流れで復縁をすればいいのかとわからない方であったり、

復縁できるイメージがわかないという方も多いでしょう。

 

復縁以外でもそうですが、何事もゴールまでの道のりをリアルにイメージできなければ達成できません。

 

よく口だけだなと思われる人の大半はこの、道のりをしっかりイメージできていないから、相手にも

「できもしないことをよく言うな」

と思われるのです。

 

なので、ぜひ復縁をあなただけの幻想だけに終わらないようにも、しっかりとどういった復縁までの道のりがあるのかを知ってみてください。

インタビューさせてもらった方のプロフィールは下記になります。

名前:コウキ

その他の情報

  • 34歳男性
  • 大手企業に勤務
  • 彼女は大学時代の友達
  • 別れてから1年で復縁
  • 復縁教材を利用

それではインタビューの具体的な書き起こした内容は下記になります。

別れた原因は何だったんですか?

コウキ
僕が重たかったのが原因です。

例えば、彼女が飲みに行った時とかに、いちいち誰と行くとかのチェックしてました。

それで男性がいたら「11時までには連絡しろ」とか言ってました。

佐々木
佐々木

なるほど。

重たい感じなんですね。

コウキ
そうなんですよ。

すると、ある日突然に「別れよう」と言われました。

佐々木
佐々木

その時はサラッと諦めとかついたんですか?

コウキ
いや、別れる時も「別れるなら死んだほうがまし!」とか言ったり、別れてからも元カノに重たいLINEを送っていました。
佐々木
佐々木

見せてもらいましたが、10行以上のLINEメッセージの内容を何通も送ってましたもんね。

コウキ
そう、今思えば本当に僕自身がヤバいやつだったんだなと思いました。

結果、LINEブロックという状態になり、彼女とも連絡が取れなくなってしまいました。

佐々木
佐々木

彼女が好きすぎる男性はこんな悲しい結果になりやすいですね。

どんな冷却期間を過ごしましたか?

コウキ
まずは7stepの通りに紙に書いて自分の気持ちや、悪かったところなどを客観的に理解するように心がけました。

ただ、客観的に理解してもまだまだ、彼女のことが好きという気持ちが諦められなかったので、とにかく冷却期間も必要でしたし、他のことに打ち込むことにしました。

佐々木
佐々木

そうなんですね。

具体的にはどんな自分磨きであったり、他のことを頑張ったんですか?

コウキ
それこそ色々なことをしましたよ。

スポーツに打ち込んだり、料理に打ち込んだり、副業にチャレンジしたり、筋トレしたりでとにかく色々なことに打ち込みました。

すると、だんだんと彼女の立場になって考えられるようになり、

「そら、LINEもブロックするな(笑)」

と本当の意味で客観的に振り替えられるようになりました。

佐々木
佐々木

なるほど。かなりいい方向に向きが変わりましたね。

ちなみになんですが、その時に7stepのメールサポートとか、どんな感じでしたか?

励ましてもらったりとか。

 

コウキ
メールサポートでは特に励ましてもらったりとかはなかったです。

というよりも、むしろ今はどうするべきとか、次のメールまでにこのステップをこなしておいてくださいなど、

とのかく具体的な指示が多かったです。

 

なので、私もとにかくそのメールに沿って行動することが大半でした。

んーと、ちなみに自分磨きなどもメールサポートからの指示でしたね。

元カノからブロック解除はどのような戦略だったんですか?

コウキ
基本的には外堀から印象アップをしていくように心がけて行きました。

佐々木
佐々木

なるほど。

共通の知人とかを攻める感じですね。

コウキ
はい。

彼女の共通の知人とご飯に行ったりしたりして、印象アップに繋がればと進めていきました。

結果、その中でも特に仲良くなった知人に復縁したいことを伝え、ブロック解除までにこぎつけました。

佐々木
佐々木

結構簡単でしたか?

コウキ
頑張っていたころは必死だったので、そこまで苦労している感はなかったです。

ただ、今こうして言葉にまとめていると、正直かなりの時間とか、苦労とかはしていたと思います。

しかも、知人によっては僕が重たかったこととか知っているわけですし。

印象を変えるのは大変でしたね(笑)

何回のデートで復縁できましたか?

佐々木
佐々木

あ、そもそもデートは簡単にOKと承諾されたんですか?

コウキ
LINEを聞いてからは結構スムーズに誘えたような気がします。

ただ、やっぱ長時間の拘束される誘いや、ディナーとかは断られました。

佐々木
佐々木

やっぱ、まだすごく信用されているわけではないんですね。

コウキ
そうなんですよ。

なんで僕の場合は、はじめの2回くらいはランチとかカフェとかで済ましていました。

すると、だんだんとLINEの返信とかの返答も良くなってきたという感じです。

佐々木
佐々木

徐々に信頼関係を気づいていったんですね。

コウキ
はい。

とにかく初めは口説くとかは考えず、とにかく信頼関係を気づいて仲良くなることを心がけました。

そして、徐々に反応も良くなったので告白し、復縁ができました。

佐々木
佐々木

やっぱり、普通に新しい出会いから口説くよりも、慎重に信頼関係を気づいていけないのが復縁ですね。

コウキ
はい。

なので、普通に新しい出会いから女性にアプローチしたりすると、痛い目に合うなと(笑)

 

以上がコウキさんの別れてから復縁までのインタビュー内容になります。

コウキさんのように、上手く復縁を戦略的に進めることができれば、LINEをブロックされた状態でも十分に復縁は可能なのです。

 

なので、壊滅的なフラれ方をした人もまずは、諦めずにどのような復縁戦略が一番、元カノに効果的かを冷静に判断してください。

もし、元カノにどのようなアプローチをすればいいのかわからない方は、コウキさんのように復縁教材を手にしても良いでしょう。

ぜひ、計画的な復縁方法を実践し、元カノとよりを戻せるようにしてください